ウロコ取り 2017.11.28

太陽光パネルのメンテナンスは、「ガジュマル・ファイン・コーテイング(GFC)」で!

太陽光パネルを設置したいけど・・・

●発電量の低下 ●汚れたらどうする ●雪や火山灰は? ●海の近くで塩害が・・・

陽光発電は、諸条件により、その発電量が年々減少します!(年1~数%)。

原因のひとつである「パネル面の汚れ(鳥の糞や黄砂、車の排気ガス、炭素)」や「沿岸地域の塩害、火山灰や降雪など」、定期洗浄は重要な課題です。
特に、鳥の糞の付着による「ホットスポット現象」は、太陽電池に悪影響を与え、最悪セル(パネルの一部分)の破損に及びます。回避するために最近の機種には「バイパスダイオード(※)」が着いておりますが、作動により破損は回避できても、発電量が減少し、メガソーラーなどでは、重要な問題となります。

■太陽光発電で予想される現象

経年による発電量の低下
・汚れても、簡単にはクリーニングできない。
・鳥の糞や黄砂、車の排気ガス(炭素)、火山灰、雪。
・鳥の糞は、ホットスポット現象(セルの破損)の原因。

※特に鳥の糞の付着による「ホットスポット現象」は、太陽電池に悪影響を与え、最悪セルの破損に及びます。

これらの問題を解決できるのは、GFCです!

■特徴(ガジュマルコーテイング)
●水性完全無機コート剤施工
●有機、無機に関係なく汚れを除去
●超親水効果で長期間セルフクリーニング
●帯電防止効果で黄砂、火山灰等の防汚
●膜圧による減衰なし。高耐久・高密着性
●透過率が上がり、発電効率がアップ!
●発電量低下を抑制、売電収益がアップ!
●初回の施工だけで、その後メンテナンス費用を削減できる!

■防汚効果(ガジュマル・ファイン・コーテイング(GFC)

●超親水性(接触角は2度という超親水性状態)
●超親水性によるセルフクリーニング
●帯電防止効果(静電気)
●発電効率のアップと発電量低下の抑制効果
(透過率の増加と反射率の減少)
●コーティング施工による費用対効果 ⇒ 売電収益の増加が期待できます。
※未施工では、メンテナンス費用は掛かるが、収益の増加はありません。