エンタメ♪ 2018.02.12

知って得する!ここだけの話!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

知っておくと得する車事情

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<目次> 

 Part1.車を売る時期って?

 Part2査定額が変動する時期とは?

 Part3.高く売れる色(ボディーカラー)は?  

 Part4.車査定のチェック項目表(解説)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 Part1.車を売る時期って?

車のディーラーや中古車買取業者に車の査定をしてもらうと、「3月が決算時期なので、最も高く買い取れます!」とか、「今、出してもらえれば、通常より高い金額で買い取れます!」とか、言われたご経験がありませんか?

車の査定額って売る時期によって左右されてしまうのか?と一部の業者さんからの、営業トークをうのみに(思い込まされ)、違った認識をしている方もいらっしゃるかと思います。

その業界の舞台裏に焦点をあてて、お話をさせていただきますので、参考にしてください。

 1.売る時期というのは、業者(ディーラー)の都合!

たとえば、貴方が新車を買おうとした時に、「今月であれば?○○万円で下取りできます!」というのは、営業トークと理解してください。

決算月には、新車を多く販売したいので、下取りとして高い金額で買い取ってくれますが、それはあくまでも新車を売る為の企業戦略だからです。

 2.中古車市場は、特に時期によって大きくは変動しないが・・・

秋にはSUVが高く売れる?。GW前にはミニバンが高く売れる?といった情報が書かれてあるのですが、確かにその時期は需要が高まる傾向にあるのは事実ですが・・

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 Part2査定額が変動する時は?

 1.フルモデルチェンジされたら査定額は落ちる!

車のモデルって、「マイナーチェンジ」と「フルモデルチェンジ」の2種類があります。

マイナーチェンジというのは、外装デザインの一部が変わったとか、ナビが標準装備されるようになったとか、基本的な性能などは変わらないものの、装備やデザインの一部が変わることです。

一方で、フルモデルチェンジというのは、外装デザインから内装デザイン、装備やエンジンの性能などなど、すべてが一新されることを言います。

そして、車の査定額が大きく変動するのはフルモデルチェンジがあった年からです。

もし、あなたの車がモデルチェンジされた場合、「一個前の型」という扱いになり、査定額が落ちることになります。

   2.走行距離が一定数を超えた時が!・・・考え時!

US東京などの中古車の業者オークションでは、「3万キロ未満」と「3万キロ以上」で査定額の点数が変わってきます。

ポイントは、あなたの車が3万キロ前後であって、売ろうかどうか考えているのであれば3万キロを超えない時期に売った方が高く売れる傾向にあります。

今の時点で既に乗りたい次の車が決まっているのであれば、3万キロに到達する前に売ってしまうという選択肢が賢い?かもしれませんね。当然、車種にもよりますがね・・・

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Part3.高く売れる色(ボディーカラー)は?

新しく車を買う際、もし、あなた自身が色に拘りがないのであれば、売却時に最も高く売れる「ボディーカラー」を選ぶ様にしましょう!車が最も高く売れる色(ボディーカラー)について、考えてみます。

1.高く売れるボディーカラーは何色?

日本と世界の人気色のTOP10のランキング。参考にしてください。

■人気カラーランキング

日本 世界
1 ホワイト(31%) ホワイト(29%)
2 ブラック(19%) ブラック(19%)
3 シルバー(14%) シルバー(14%)

日本と世界の人気色を見て共通していることは、「白、黒、シルバー」がTOP3となっていることです。

車を下取りに出した場合、その車は国内だけで売買されるわけではなくて、海外へ輸出するケースもあります。後悔しないためには、必ず人気色の中から選ぶというのも堅い選び方だと考えます。

 

★車種毎の人気色をチエックしておく

実は例外として、車の車種によってはそれ以外の色でも人気色として高値で売れる色もあります。

スポーツカーなどに多いのが、赤色が人気ということもあります。

中には特別限定車が、赤だったりピンクだったりすると、プレミアがついて高値で売れるケースもあります。

★車のメンテナンス(手入れ)のことも考えてから決断する

安易に、人気があるボディーカラー「黒や白」を選ぶと、色によっては手入れが大変だったりします。

  • 黒色

黒色は、とにかく手入れが大変です。

ちょっとしたことでキズがついてしまいますので、神経質な人は、機械洗車すら嫌がると思います。ただ、それだけ手入れが大変な一方で、綺麗に仕上がった時の輝きは圧巻です。

  • 白色

白色は、ウォータースポット(水垢)の跡が残りやすく、くすんだ時の色がとても目立ちます。

  • シルバー色

一番、汚れやキズが目立たないのがシルバーですが、元々汚れが目立ちにくいので綺麗にした時の感動も半減です。

 まとめ

自分が好きな色を乗るのが一番だと思いますが、意外とメンテナンスを考えた上で、ボディーカラーを選ぶようにした方が良いですね。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Part4.車査定のチェック項目表(解説)

車の査定って、既定のチェック項目があって事前に把握しておくことで高い金額で買取をしてもらうことができるんです。

ポイント① 駆動形式について

 駆動形式は、FF(前輪駆動)、FR(後輪駆動)、4WD の主に三種類に分類されます。豪雪地域では、4WDの需要が多く、燃費優先ユーザーはFF車やFR車を選ぶ傾向にあります。この駆動形式は、査定額に大きな影響を与えます。

ポイント② ミッションの種類

車にはAT(オートマ)とMT(マニュアル)があり、速度を自動で切り替えるミッションなのか、手動で切り替えるタイプで分かれます。

基本的にATが主流ですが、スポーツカーはMTの方が人気で高い金額で取引される。

ポイント③ 外装の状態について

 車の外装は、中古車査定で非常に重要なポイントです。

傷があるか、凹みはないか、塗装に波はないかなど、一番細かくチエックされます。

これらの基準で査定され、外装の評価を付けられます。

可能な限り!!買取業者に見てもらう前に、消せる傷を消してからにしましょう!!

ポイント④ 修復歴の有無について

過去に事故を起こしてしまった場合、修復歴が気になります。しかし、単純なバンパーをこすったり、交換した程度であれば事故車扱いにはならないので、ご安心を!

骨格の基本定義)

修復歴の考え方は、フレームに損傷があるのか無いのか?が大きな目安です。

ポイント⑤ 室内の状態について

 評価基準は、加修の必要があるかないかで、Aランク~Eランクに分類される。当然、新車時に近い綺麗な状態であればAランクということになる。

ポイント 装備品について

純正カーナビや純正オプション(エアロ、マフラー等)の付属や社外品のパーツ等もついていても評価の対象となります。

 

記事が参考になりましたら幸いです。